2007年06月27日

園児のお弁当に対する妻の奮闘振り2

園児のお弁当に関するレシピや参考となるものは実に多い。中古本の店をはじめとする本屋に行けばそのような本はたくさん売っているし、ネットで検索してもいっぱいヒットする。それぞれに創意工夫があって、見てると楽しい気分になってくるから不思議だ。

娘が幼稚園に行く前に妻が買ってきた「園児のお弁当」という類の本もそう。ついつい見入ってしまうのだ。1つには形がかわいらしいこと。例えば、野菜を花形や動物型に切ってあったり、サッカーボール型のおにぎりなんてのがある。手間はかかりそうだが、子供の食欲はそそるのだろう。それと、カラフルなのも園児のお弁当の特徴なような気がする。

分かりやすいのがご飯。大人も弁当でもふりかけくらいはかかっているが、何もカラフルに見せる必要もないから、まー単純に「ふりかけ」だ。しかし、園児のお弁当は違う。例えば、「3色おむすび」なるレシピがあり、1つは鮭、1つはゆかり、1つは大根の葉といった具合にそれぞれ色違いの混ぜご飯にし握る。大人の弁当だと、これはここまで手間なことはあまりなされないだろう(少なくと、我が家では我輩のために3色おにぎりが作れることはない)。

また、幼稚園にもよるのかどうか分からないが、園児弁当戦争(?)が加熱しているところもあると聞く。言ってみればママたち争いだ。子供の弁当作りにヤッケになっているのかな?

「そこまで力まなくてもいいでしょう」という位に、気合を入れあうのらしい。
たしかに、見た目バツグンのお弁当なのだろうが、しかし大変だなーと他人事ながらに思ってしまう。

妻はどうなのかと聞くと、妻自身も周りのママたちも園児の弁当に執拗に気合を入れているという人はいないらしい。ただし、子供に惨めな思いをさせたくないという気持ちはどのママも一緒みたいで、極力冷凍食品を使わないようにしたり、おかずの品数はできる限り増やしてあげるとか、そういう思いはあるようだ。

しかし、夫の弁当は冷凍食品でもいいし、晩御飯の残り物をを適当に入れておけばいいや!って妻も多いらしい…(悲)。
posted by 園児 弁当 at 10:25 | TrackBack(1) | 園児 弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46018952

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 05:12

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。